プール レジャー・イベント 東京サマーランド

サマーランドは雨でも楽しい|でも、寒い場合もあるので気温には注意

更新日:

サマーランドの駐車場の混雑11時20分

https://iruma-output.com

イルマン
こんにちわ! 【いるま情報館】を運営しているイルマンです

夏のサマーランドはとても混雑するので、少しでも空いている時期に行きたいですよね。そんな時は7月、8月を避けるだけでもかなりストレスを軽減できます。

 

でも、梅雨や台風で雨が降っても大丈夫なの?

 

屋外プールは当然ですが、屋内プールでも雨による気温低下は気になるところです。小さなお子さんを連れて行くならなおさら。

今回は6月の梅雨時期真っただ中にサマーランドに行ってきたので、その時の状況を紹介していきます!

屋内プールは天気に左右されにくい

まずはサマーランドの概要ですが、大きく分けると4つのエリアがあります。

 

  • 屋内プール|アドベンチャードーム
  • 屋外プール|アドベンチャーラグーン
  • 遊園地エリア|スリルマウンテン
  • アウトドア・スポーツエリア

 

遊園地エリアは、天候によって大きく左右されそうですね。また、いくら濡れてもいいプールといっても、台風などの横殴りの雨では屋外プールは危険です。荷物も濡れてしまいますしね。

なので、雨の場合は屋内プールを利用しましょう。逆に言うと、外出が危険なほどの暴風雨でもない限りは楽しむことができます。

3月~11月まで遊べる屋内プール

サマーランドの屋内プールは『アドベンチャードーム』といって、館内全体に空調が完備されています。開園期間は3月~11月までなので、長い期間プールを楽しむことができます。

 

先ほども紹介した通り『天候の影響を受けにくい』ので、天気を気にせず予定を立てることが可能です。

 

幼児さん用のスライダーエリア、水鉄砲などの水のアトラクションも設置されています。屋外よりも気温の影響を受けにくいので、小さなお子さんを連れて行くなら屋内プールが良いでしょう。

6月~9月ごろまで遊べる屋外プール

6月~9月ごろまでオープンするのが、屋外プールの『アドベンチャーラグーン』です。開始と終了はその年の気候によって多少前後しますが、6月からほぼほぼオープンすることが多いです。

すごく長い流れるプール、水が流れる岩場を登るアトラクション、デカスラなどアクティブな設備が多いのが特徴です。小学生以上なら、思い切り楽しむことができるエリアといえます。

 

 

雨でも気温さえ高ければ寒くはない

サマーランドの営業時間は何時から?|土日祝日は開園時間が早まる

こちらは、6月にサマーランドを訪問した際の写真です。残念ながら梅雨に入ってしまい、終日雨が降っていました。

 

天候の条件

  • 6月中旬の日曜日
  • 梅雨入りして数日
  • 気温は20℃前後

 

いつもの我が家であれば、自宅から水着を着用していきます。それが手荷物を減らすために最適だからです。

 

 

ですが、この日は水着と羽織で玄関を出ると・・・

 

イルマン
さぶっ!

 

現地への到着は開園の30分前を予定していたので、外で待つ可能性が『大』でした。ちょっと、この寒さでは待てないかな・・・ということで、この日は水着で行くのを諦めて、普通の洋服を着ていきました。

 

 

ポイント

子供は元気なので『このままでいい!』と言っていって、水着とラッシュガードで行きました。しかし、現地に到着すると『寒い』と言い出しました(^^;)気温が20℃くらいの日は、外で待つことを考えて上着を1枚持って行った方が安心です。

 

ただ、外は肌寒かったのですが、屋内プールは全然OK。寒すぎず、暑すぎず、ちょうどよく過ごしやすい室温になっていました。

9月の暑い日は屋内プールも暑いですし、11月の寒い日は屋内プールも寒いです。屋内プールを快適に楽しむには、外気20℃くらいがおすすめのようです。

屋内プールの水温は大きく分けて3つある

サマーランドの園内混雑14時45分

サマーランドの屋内プールは全部で5ヵ所に分かれており、水温はおおまかに3つの設定があります。

 

水温
コバルトビーチ 普通
ロックビーチ 普通
フルーツアイランド 温水
軟水ジャグジー 温浴
湯遊大洞窟 温浴

 

コバルトビーチは屋内のメインプールで、手前の浅瀬から奥に向かって深くなっています。子供から大人まで誰でも楽しむことができるプールです。

ロックビーチは岩場に様々な仕掛けがあり、小学校低学年くらいの子が楽しめるエリアです。ロックビーチの方が若干水温が高いように感じますが、両方とも普通のプールの水温と考えていいでしょう。

フルーツアイランドは幼児さんむけのエリアとなっており、温水が使われています。体が冷えすぎないので安心ですね。

軟水ジャグジーと湯遊大洞窟は温浴エリアなので、体を温めるレベルで水温が高いです。湯遊大洞窟は噴水があったり、打たせ湯、疑似スコールなどがあるので、お子さんでも楽しむことができます。

寒い日のサマーランドは風呂のプールで乗り切る

以上、サマーランドは雨でも楽しい|でも、寒い場合もあるので気温には注意についての紹介でした!

サマーランドには屋内プールがあるので、雨の日でも楽しむことができます。しかし、空調が効いているといえど外気の影響は受けるので、気温が低ければ室温も低くなります。雨よりも外気温を確認したほうが、快適に楽しむことができます。

 

私の肌感覚にはなりますが、6月の雨の日に行ったときは気温20度で外は肌寒く、屋内プールはちょうどよい環境でした。

 

しかし、3月、4月、10月、11月の気温は低いので、屋内プールといえどやはり寒く感じます。屋内プールには温浴エリアもあるので、体が冷えた時はぜひ利用してください。

また、屋内プールエリアには『寒い場所』と『暖かい場所』があります。気温が高く暑い日は寒い場所がおすすめですが、雨で気温が低くなるような日は暖かい場所を確保するのも一つの手です。

 

場所取りの詳細はコチラ▼

 

\優待ツールを全部解説/

サマーランドの割引の紹介はコチラ

あなたに最適の優待が見つかるはず

 

-プール, レジャー・イベント, 東京サマーランド
-

Copyright© いるま情報館|埼玉県入間市を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.