旅行体験記 日光江戸村

日光江戸村で忍者に変身|コスプレ体験であなたも江戸の一員

投稿日:

イルマン
こんにちわ! 【いるま情報館】を運営しているイルマンです

日光江戸村を全力で楽しむ方法として『江戸人への変身』があります。大人はチョット恥ずかしい感じもしますが、変身している人はけっこういました。

そして、子供の変身率はかなり高いです。でも、変身すると身動きがとりにくく、その後のテーマパーク遊びに支障が出るんじゃないかと心配ですよね・・・

 

そこで、今回は日光江戸村の変身について紹介していきます!

 

1日1人しか変身できないようなコスプレもあるので、ぜひお楽しみください(^^♪

忍者への変身はおすすめ?それとも変身しないほうがいい?

大人が変身して江戸人の雰囲気を味わっている場合もありますが、やはり多くは子供です。そして、子供の変身率が高いのが『忍者』です。

忍者の衣装はストレッチ性もあり、上下が分かれています。急なトイレの時でも安心ですね。

その他にも殿様、姫など着物のコスプレもありますが、子供だと身動きがとりにくくて大変かと思います。お子さんの成長に合わせて、衣装を選ぶ必要がありそうですね。

また、衣装によっては参加できないアトラクションもあるので、事前にチェックしておいたほうがいいでしょう。

侍の衣装を着て忍者からくり屋敷などは、ちょっと厳しそうです(^^;)

忍者に変身する方法は2つある

忍者に変身するには、2つの方法があります。

無料|江戸職業体験

江戸職業体験は、1日3回実施される無料のイベントとなります。体験できる職業は忍者と新選組。

無料という事もあって、開門からすぐに申し込みが殺到していました。ハイシーズンで確実に申し込むには、開門前から並ぶ必要がありそうです。

有料|変身処時空

関所(入口)を通過してしばらく歩いていると、左側に『変身処 時空』というお店が見えてきます。ここでは様々なキャラクターにに変身することが可能です。

ただ、忍者に関してだけはココではなく、もう少し先の右手にあったのでご注意ください。小さいお子さんが多数変身するので、特別に場所を設置してあるようです。

変身にかかる時間・料金はコスプレによって大きく違う

時空の営業時間は、以下の通りです。

 

  • 夏期3月20日~11月30日:9時00分~16時00分
  • 冬期12月1日~3月19日:9時30分~15時00分

 

変身にかかる時間は衣装の種類によりますが、約30分となります。変身メニューと料金は、以下の通りです。

役名 料金

町人 2,900円
3,900円
殿様 9,800円
農民 6,800円
かぶき者 6,800円

町娘 2,900円
武家娘 3,900円
姫様 9,800円
お店娘 9,800円
花魁 30,000円

忍者 3,000円
新選組 6,500円
姫様 9,800円

近藤勇 7,300円
土方歳三 7,300円
沖田総司 7,300円
斎藤一 7,300円

他にも変身できる衣装はたくさんあります。また、1日1名限定、事前予約、ハイシーズンは特別料金など、特殊な条件が設定されている場合もあります。詳細は公式ホームページをご確認ください。

日光江戸村ホームページ

 

変身の手順は、以下の通りです。

 

  1. 好きな衣装を選択する
  2. カードを記入して支払い
  3. 変身!
  4. 村内で遊ぶ
  5. 衣装を返却する

 

それでは、忍者に変身!(^人^)ニンニン

忍者の気分を味わえるアトラクション

さぁ、息子たちの変身もバッチリ完了しました。

頭には額当て、腰には帯も巻いています。忍刀に手裏剣を持って、いざアトラクションへ!

手裏剣道場と弓矢体験

忍者といえば、手裏剣は外せませんよね。というわけで『手裏剣道場』に行ったのですが・・・混雑していました。

午前中に遊んでおけば良かったと、とても後悔。やっぱり、混雑回避の計画はしっかり立てておかなければなりませんね。

 

 

続いて、弓矢で的あてができる『矢場』にやってきました。コチラも午後に行ったのですが、手裏剣道場ほどは混雑しておらず、10分ほどの待ち時間でした。

1回600円で、弓と5~6本くらいの矢がもらえます。的までの距離は3メートルほどでしょうか。8ヵ所ほどあるので、けっこう回転が速いです。

息子たち2人を手伝いながら弓を引いてみたのですが、これがすごく難しい!残念ながら、1つも的に刺さることはありませんでした(^^;)結果を出せていないのにコツを教えるのもおこがましいのですが、弓はけっこうしっかり引いたほうがいいです。

残念賞として、ニャンまげのポストカードを頂きました(^^♪

 

 

忍者修行の館|怪怪亭

忍の里エリアには、3つのアトラクションが用意されています。

 

忍の里

  • 忍者修行の館
  • 忍者仕掛迷路
  • 忍者からくり屋敷

 

まずは、忍者修行の館『怪怪亭』です。急な坂を利用して、実に奇妙な館が建てられていました。

入口からして、目が回りそうですね(^^;)中は平衡感覚が狂わされ、変な浮遊感があります。まっすぐ歩こうとしているのに、どんどん体が傾いてしまったり。

トリックアート的な写真を撮ることもできます(^^♪

コチラは外観の写真ですが、思いっきり傾いていますね。酔いやすい人はやめておいたほうが無難です(^^;)

忍者仕掛迷路

怪怪亭のふもとには『忍者仕掛迷路』があります。巨大な屋外迷路には壁や扉に仕掛けが施されており、通れないと思ったところが実は通れたなど、子供心をくすぐるアトラクションとなっています。

 

 

忍者からくり屋敷

そして、迷路の隣にあるのが『忍者からくり屋敷』です。その名の通り、忍者扉や細い地下通路など、舞台さながらのカラクリがあります。

正直に申しますと、大人は付いていくのがやっとでした(^^;)でも、子供たちの目がキラキラしているので、頑張るしかないですね(^^♪

忍者からす御殿

忍者からす御殿は、約20分のアクション劇です。設定は『抜忍が追忍と戦う』という内容になります。真っ暗になったりするので、小さなお子さんにはチョット怖いかもしれませんね。

でも、演技は迫力がありますよ!

忍者になると、めっちゃ絡んでくれる!

忍者の格好をしていると、村内の人たちが色々と絡んでくれます(^^♪

まずは忍者と写真をパシャリ!

『お主も忍者なのか』

など、気さくに声をかけてくれます。

続いて、女鼠小僧と写真をパシャリ。

岡っ引き?というのでしょうか。ある忍者が忍刀で一太刀入れると・・・

『あイタ~!!』

と、大きな声でオーバーリアクション。すると、集まる集まる、色々なところからちびっ子忍者が出てきて、みんなでズバズバ切っていました(^^;)

 

  • 食事処に入れば『忍者殿でございやすね』
  • 忍者に遭遇すれば『ニン!』
  • ベビーカーに乗っていると『もっと修行をせい!』
  • etc

 

まぁ、よく絡んでくださること。息子たちも恥ずかしそうにしつつ、楽しめたようです(^^♪

まとめ

以上、日光江戸村で忍者に変身|コスプレ体験であなたも江戸の一員についての紹介でした!

日光江戸村で忍者に変身するには、江戸職業体験か変身処時空を利用することになります。

変身処時空では忍者以外にも数多くの衣装が用意されており、江戸の雰囲気を楽しむには利用をオススメします。

変身すると江戸人は気さくに声をかけてくれますので、お子さんには良い思い出になるはずです。

日光江戸村に訪れた際は、ぜひ江戸の一員になりましょう(^^♪

-旅行体験記, 日光江戸村

Copyright© いるま情報館|埼玉県入間市を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.