旅行体験記 日光江戸村

日光江戸村はペットOK?|犬を連れて行くときの5つの注意点

投稿日:

https://iruma-output.com

犬を飼っている方は、旅行先で悩むことが多いですよね。ペットの需要は高まっていますが、入場禁止のレジャー施設も数多くあります。

 

そこで、今回は日光江戸村のペット事情について紹介していきます!

 

日光江戸村はペットを連れて行ってもいいのでしょうか?

日光江戸村はペットOK?

日光江戸村は、ペット(犬)を連れての入場がOKの施設です!

色々と条件はあるのですが、大体のアトラクションや施設は犬を連れて楽しむことが可能。

施設側でも公式に認めているので、犬を飼っている方でも安心して楽しむことができそうですね(^^♪

生類憐れみの令|江戸の犬は『お犬様』

実は我が家では犬を飼っているわけではありません。では、なぜこのような記事を書こうと思ったのか・・・?

 

江戸村では『お犬様!』って呼ばれてるからです!

 

村内を散策していると『お犬様!』『お犬様♪』という声が聞こえてきました。周りを見渡してみると、江戸の町人たちが犬連れの観光客に絡んでいる・・・気さくに声をかけているところでした(^^;)

 

イルマン
お犬様!?

 

滑稽に感じたのですが、すぐに江戸の歴史を思い出しました。第5代将軍徳川綱吉の生類憐みの令というわけですね!

日光江戸村に犬を連れて行くと『お犬様』と呼んでもらえます。こんな出来事もあり、実に忠実に江戸を再現している施設だなぁと感じたわけです(^^♪

犬を連れて行くときの5つの注意点

施設側が公式に犬の入場を認めていますが、細かい条件も設定されています。事前に把握して、気持ちよく日光江戸村を楽しみましょう!

 

愛犬と楽しむための注意点

  • 犬用品は全て自分で用意する
  • ケージやバギーが必要
  • トイレのあとはお持ち帰り
  • 飲食店には入れない
  • 静かにできれば劇場もOK

 

犬用品は全て自分で用意する

犬に必要なモノの貸し出しは用意されていませんので、全て自分たちで準備する必要があります。といっても、犬連れで旅行を楽しんでいる方々にとっては、特に問題のないことでしょう。

ケージやバギーが必要(顔出しOK)

犬の入場はOKなのですが、村内を歩かせることは禁止となっています。犬を入れられるケージ、バギーなどを準備しておきましょう。

完全にフタを閉める必要はなく、顔が出てても大丈夫です。ただし、他の客をケガさせてしまった場合、飼い主の責任となるのでご注意ください。

村内はベビーカーや車いすでも進めるようバリアフリーとなっているので、タイヤ付きのモノでも問題なく進めます。

 

バリアフリー
日光江戸村のバリアフリー|ベビーカー、コインロッカーなどを紹介

栃木県の日光には、江戸を舞台にしたテーマパーク『日光江戸村』があります。 ですが、お子さんが小さいうちは荷物が多かったり、ベビーカーで回れるのかなど、バリアフリーの状況が気になりますよね。 また、電車 ...

続きを見る

 

トイレのあとはお持ち帰り

犬用のトイレは設備がありません。犬用の『厠』が設置されている場所(確か、村内奥の武家屋敷辺り)がありましたが、使用はできないでしょう。

また、排泄物は村内で処分できないので、持ち帰ることになります。

飲食店には入れない

村内の各所には茶屋(飲食店)が点在していますが、残念ながらお犬様は入場できません。

静かにできれば劇場もOK(ただし床には下ろせない)

日光江戸村の楽しみ方の1つ『劇場』に関しては、全ての施設に入場することが可能です。ペットと一緒に江戸の劇を楽しめるのは嬉しいですね(^^♪

ただし、床におろすことはできません。また、吠えてしまったり、演出の妨げとなってしまう場合、退場を促される場合もあります。

まとめ

以上、日光江戸村はペットOK?|犬を連れて行くときの5つの注意点についての紹介でした!

最後にもう一度まとめておきます。

 

愛犬と楽しむための注意点

  • 犬用品は全て自分で用意する
  • ケージやバギーが必要
  • トイレのあとはお持ち帰り
  • 飲食店には入れない
  • 静かにできれば劇場もOK

 

『お犬様!』と呼んでもらって、愛犬と一緒に日光江戸村を楽しんでください(^^♪忍者の服など着せてあげれば、『忍犬』としてもてはやされること間違いなし!

-旅行体験記, 日光江戸村

Copyright© せいぶたま|埼玉県西武、東京都西多摩を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.