旅行体験記 日光江戸村

日光江戸村のバリアフリー|ベビーカー、コインロッカーなどを紹介

更新日:

https://iruma-output.com

栃木県の日光には、江戸を舞台にしたテーマパーク『日光江戸村』があります。

ですが、お子さんが小さいうちは荷物が多かったり、ベビーカーで回れるのかなど、バリアフリーの状況が気になりますよね。

また、電車やタクシーで遊びに来た方は、荷物置き場に頭を悩ませることも・・・

 

そこで、今回は日光江戸村のバリアフリー(その他設備)について紹介していきます!

 

日光江戸村は車椅子やベビーカーでも見て回れるようにバリアフリー設計になっていますが、全エリアではありません。詳しく見ていきましょう(^^♪

日光江戸村の設備とバリアフリー

ベビーカー・車椅子の通路|貸し出しはあるのか?

村内全体を通して、入り口から左側向かって舗装された道が続いています。写真は村内奥の日本橋がある部分ですが、『車椅子・乳母車』の通路を案内する立札がありますね。

橋を渡らなくても、舗装された道を進んでいくことができます。

この舗装された通路を進んでいくと、ベビーカーでも一番奥の『江戸生活文化伝承館』まで行くことができました。

マップの右側には『のんべい長屋』『お狩場食事処』くらいしかないので、車椅子やベビーカーでも村内の大部分は回ることができます。

ですが、お店に入る時はどうしても段差があるので、車椅子だとチョット厳しいかな・・・という印象です。子供が乗ったベビーカーくらいなら、軽く持ち上げることができるので大丈夫でした。

 

 

劇場は車椅子でも入場可能と記載されているので、遠慮なくスタッフに相談しましょう。パイプ椅子の用意も可能なようです。

ちなみに、ベビーカーと車いすは貸し出しもあります。入口関所前の事務所で申し込みをしましょう。

 

  • 車イス:1,000円(返却時に全額返金)
  • ベビーカー:200円

 

ただ、『忍の里』など、車椅子やベビーカーでは利用できないアトラクションもあります。

 

 

授乳室・オムツ交換

授乳室は村内中央あたり(両国橋付近)に用意されています。

併設されているオムツ替えスペースは男性でも利用できますが、授乳室には入れないのでご注意ください。オムツ用のゴミ箱は完備されています。

粉ミルク用のお湯は、村内中央付近の『越後屋』と入口関所前の事務所でもらうことができます。

オムツ交換台は関所(入口)の前、授乳室、武家屋敷エリアの3ヵ所に設置されています。

日光江戸村は屋外の移動が多いので、暑い寒いなど体温調節を考えた服装や時期を考慮したほうがいいです。

 

 

車椅子トイレ

車椅子トイレもオムツ交換台と一緒に、村内の3ヵ所に設置されています。

ただ村内中央だけは、オムツ交換台と別の場所になるので注意しましょう。手裏剣道場としのび亭の間にあります。

コインロッカー

コインロッカーは、関所(入口)を通る前にあります。

コチラは300円ロッカー。

コチラは400円ロッカーです。

公式サイトを見ると3サイズのロッカーに関する案内がありますが、私が確認したところ300円と400円の2サイズしか見つかりませんでした。もしかしたら見落としたのかもしれませんm(__)m

 

  • 大(H78cm×W36cm×D41.5cm):400円
  • 中(H51cm×W16cm×D35cm) :300円
  • 小(H30cm×W36cm×D35cm) :200円

引用:日光江戸村

 

利用するには100円玉が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

マップを見る限り、コインロッカーは村外にしかないようです。村内ではコインロッカーは見かけませんでした。ですが、江戸の村なので、現代風のモノは隠されていることもあります。町の人に聞いてみるのも楽しそうですね(^^♪

喫煙所

その他の設備として、喫煙所も設置されていました。村外と村内の2ヵ所だけとなります。上記写真は村外の喫煙所です。

そしてコチラは村内の喫煙所です。

村内の喫煙所は人通りが少ないところにありますが、村外の喫煙所は臭いが気になる人もいるかもしれません。

まとめ

以上、日光江戸村のバリアフリー|ベビーカー、コインロッカーなどを紹介についての解説でした!

日光江戸村は大部分がバリアフリー化されており、車椅子やベビーカーでも村内を進んでいくことができます。

ただ、建物の中に入る時はチョットした段差があるので注意しましょう。劇場を観覧する際は、入り口にスタッフに相談してください。

貸し出しについては、以下のとおりです。

 

  • 車イス:1,000円(返却時に全額返金)
  • ベビーカー:200円

 

授乳室は村内の中央付近に1ヵ所、オムツ替え台と車椅子トイレは村外、村内中央、村内奥にバランスよく配置されています。

私の確認では小サイズのロッカーは見つかりませんでしたが、公式サイトでは3サイズのコインロッカーが案内されていました。

 

  • 大(H78cm×W36cm×D41.5cm):400円
  • 中(H51cm×W16cm×D35cm) :300円
  • 小(H30cm×W36cm×D35cm) :200円

引用:日光江戸村

 

マップを確認する限り、コインロッカーは村外に2ヵ所の設置となっています。

日光江戸村の設備をフル活用して、思いっきり江戸の雰囲気を楽しみましょう!

-旅行体験記, 日光江戸村

Copyright© せいぶたま|埼玉県西武、東京都西多摩を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.