ムーミンバレーパーク・メッツァヴィレッジ 感想・口コミ

ムーミンバレーパークが埼玉県飯能市にできるまでの過程と施工の様子

更新日:

建築

http://iruma-output.com

イルマン
こんにちわ! 【いるま情報館】を運営しているイルマンです

 

メッツァヴィレッジのオープン日が決定して、ムーミンバレーパークの方も待ち遠しいです。

 

イルマン
自宅から車で30分ほどなので、オープンしたらすぐにレポートを書きますね!

 

早速、メッツァヴィレッジオープン日の駐車場を予約しました▼

 

2018年7月現在、飯能市の宮沢湖で順調に工事が進んでいます。ですが、ここまでの道のりは決して平たんなものではありませんでした。

今回はムーミンバレーパークのはじまりから現在に至るまでの過程、現在の様子を紹介します!

ムーミンバレーパークとは?

ムーミンバレーパーク

引用:ムーミン公式サイト

まずは、簡単にムーミンバレーパークについて説明します!

ムーミンバレーパークはムーミンを題材としたテーマパークです。このエリア全体の事を『メッツァ』といいます。メッツァとはフィンランド語で『森』という意味です。

 

メッツァ

  • メッツァヴィレッジ
  • ムーミンバレーパーク

 

メッツァにある2つのエリアのうち、1つがムーミンバレーパークというわけです。メッツァヴィレッジは物販、飲食、宿泊、体験などの商業施設があり、無料エリアとなります。

ムーミンバレーパークはアトラクション、エンターテイメントなどのテーマパークで、有料エリアとなります。

 

 

埼玉県飯能市にオープンするまでの過程

ムーミン

引用:トラベルWatch

さかのぼること2013年、フィンテックグローバルによって『(株)ムーミン物語』という会社が設立されました。現在、この会社がムーミンバレーパークのテーマパーク事業を担当しています。

 

イルマン
2019年3月にオープンだよね?6年も前から動き出してたんだね
100億円の事業ってのはそういうもんさ
ウズ

 

キッカケは、ムーミンの本国フィンランドの投資会社から、フィンテックグローバルへの依頼でした。しかし、提携先を探しても見つからず、フィンテックグローバルが請け負うことになったのです。

その後、建設場所が東京の立川市に決まりそうになったのですが、どうもムーミンのイメージとは合わない・・・

 

イルマン
立川って都会なイメージだからね
田舎の部分も多いの知らないんだよ
ウズ

 

そんな宙ぶらりんなところに手を挙げたのが、埼玉県の飯能市でした。飯能市にはあけぼの子供の森公園という場所があります。その公園は1997年に作られ、北欧の世界観をイメージしています。

当時、飯能市の職員がムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソン氏に手紙を送ったことがキッカケでした。

2017年6月~公園の名称を『トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園』に変更

 

公園内にカフェプイストができました▼

 

イルマン
飯能はムーミン推しなんだね
地元民はシビアにみてるけどな
ウズ
イルマン
え?そうなの?

 

 

もともとムーミンを意識していた飯能市、そしてムーミンの世界観に合う大自然がマッチしてメッツァの建設が決定したのでした。

場所は飯能市の宮沢湖エリア。当時は西武鉄道が所有していた土地でした。もともとテーマパークっぽいのがあったのですが、集客としてはイマイチ。

2015年、西武鉄道からフィンテックグローバルへ土地の売買が決定しました。

 

イルマン
飯能エリアの活性化は、西武鉄道にもメリットだからね

 

このような形で、フィンテックグローバル・飯能市・西武鉄道の利害関係が上手くマッチして『メッツァ事業』は軌道に乗り始めたのです。

しかし、2017年オープンを目指していたメッツァは延期を発表。広大なインフラ整備には時間を要したようでした。東京ドーム4個分ですからね(^^;)

 

イルマン
この発表の直後、フィンテックグローバルの株は大暴落となる・・・

 

しかし、ついにオープンの正式発表があったのです!

 

2018年11月9日、メッツァヴィレッジオープン決定!

2019年3月、ムーミンバレーパークオープン!

 

長い道のりでしたが、ようやく開園のめどが立ちました(^^♪

フィンテックグローバルとは?

フィンテックグローバルという会社がメッツァを手掛けていますが、いったいどんな会社なのでしょうか?

事業 事業再生や成長企業へのファイナンス支援が主軸。北欧のテーマパークを18年秋開業予定
連結事業 【連結事業】投資銀行28(4)、不動産66(3)、公共コンサルティング4(-6)、エンタテインメント・サービス2(-243)、他0(-7)(2017.9)
本社所在地 〒141-0021 東京都品川区上大崎3−1−1 目黒セントラルスクエア[周辺地図]
電話番号 03-6456-4600
業種分類 その他金融業
代表者名 玉井 信光
設立年月日 1994年12月7日
市場名 マザーズ
上場年月日 2005年6月8日
決算 9月末日
単元株数 100株
従業員数
(単独)
37人 従業員数
(連結)
119人
平均年齢 39.4歳 平均年収 7,910千円

設立と上場を見る限り、まだ新しい会社のようですね。北欧のテーマパークというのが『メッツァ』のことです。

 

イルマン
2018年7月現在の株価は70円台・・・メッツァがヒットしたら・・・
この銭ゲバめ!
ウズ

 

現在、当社グループが取り組んでいる最も大きなプロジェクトは「メッツァ」であります。メッツァは、2013年の㈱ムーミン物語の設立から開始し、2015年に埼玉県飯能市の宮沢湖畔の不動産を取得したことにより本格的な事業展開が始まりました。その後の事業計画の策定等をへて、2017年7月にムーミンバレーパークの不動産流動化を実行したことにより、課題であった資金調達は大きなポイントを越えました。これは当社が得意とする「開発型不動産流動化」であり、事業環境を整備して不動産の価値を顕在化させたことで開発資金の調達に至ったものであります。

引用:フィンテックグローバルHP

 

これは、フィンテックグローバル社長の玉井信光氏のあいさつ文です。

他にも事業を手掛けていますが、トップページにメッツァをアピールしているところから、会社としても相当な力を入れている様子がうかがえますね。

実はあけぼの子供の森公園にできたカフェ、飯能河原のバーベキューも手掛けている会社です。メッツァ単独というよりは、飯能市全体を盛り上げようとしています。

 

このあたりの情報は地元民へのインタビューから入手しました▼

 

施工中のアトラクション・メッツァヴィレッジ

2018年7月23日!最新の建築現場がYouTubeにアップされました!

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

円形のエントランスなんですね!

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

ムーミン谷エリアは、ザ・北欧ってイメージです(^^♪

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

おさびし山は元々の自然をフル活用。

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

灯台も順調に建てらてれいます。

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

コチラは商業施設エリア。テナントも順次決定しています。

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

レストランにはどんなお店が入るのでしょうか?地元の食材を使ってくれると嬉しいです(^^♪

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

体験型の店舗が多いのもメッツァヴィレッジの特徴です。

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

湖への桟橋は気持ちがよさそうですね(^^♪

まとめ

以上、ムーミンバレーパークが埼玉県飯能市にできるまでの過程と施工の様子についての紹介でした!

順調そうで何よりです(^^♪地元の人間としても、この一大事業が成功に終わってくれることを願っております!

 

オープン後の紹介はコチラ▼

-ムーミンバレーパーク・メッツァヴィレッジ, 感想・口コミ
-

Copyright© いるま情報館|埼玉県入間市を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.