【ムーミンバレーパーク】アトラクション一覧

メッツァ

引用:ムーミン公式サイト

2019年3月16日にオープンする『ムーミンバレーパーク』の紹介です。

ムーミンバレーパークは埼玉県飯能市の宮沢湖に作られました。⇒アクセス

 

自然豊かな宮沢湖に作られたムーミンバレーパーク。ムーミン一家が暮らす屋敷、アトラクション、エンターテイメントを楽しむことができます。

ムーミンの生みの親『トーベヤンソン』の想いを感じることのできる展示施設など、アートにあふれ空間です。

エントランス施設

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

入り口にある本のゲートをくぐった先に、円形のエントランスがあります。本のゲートには、原作であるムーミン物語が描かれています。

エントランスには、レストランやショップが作られる予定です。ムーミンを楽しむためのアイテムを買ったり、帰りにお土産を買うことができます。

飯能市の小学生が作る『ウェルカムアート』が飾られる予定です。

関連記事【ムーミンバレーパーク&メッツァヴィレッジ】口コミ・評判を紹介!

 

ムーミン屋敷

ムーミン屋敷

引用:メッツァ公式HP

ムーミン屋敷はストーブの形をした3階建の建物です。

1階にはキッチンとダイニング、2階にはリビングとムーミンパパ・ママの部屋、3階にはムーミンとミイの部屋があります。

地下室は貯蔵庫、屋根裏は書斎と、原作に忠実に作られる予定です。

コケムス(展示施設)

ムーミンバレーパーク

フィンランド語で『体験』の意味を持つ『コケムス』です。

訪れた方全てがムーミン物語を知ることの出来る施設となっています。また、世界最大級の品ぞろえを誇るショップ、レストランもあります。

トーベの記憶シアター

ムーミンバレーパーク

引用:メッツァ公式HP

コケムス内では物語の魅力を体感することができます。

ただ見るだけではなく、ストーリーに基づいたモノづくり、作品にまつわる創作体験ができるワークショップか作られる予定です。

展示施設は3階建になっており、1階には世界最大級の品揃えとなるショップが作られます。

2階には、物語をモチーフとしたメニューを提供するレストランができます。

ムーミン谷食堂(ムーミラークソ ルオカラ)

ムーミンバレーパーク

引用:メッツァ公式HP

ムーミンたちの『夜の不思議なパーティー』をイメージして作られたレストランです。

海のオーケストラ号

ムーミンバレーパーク

引用:メッツァ公式HP

海のオーケストラは、体感モーフィングシアターの手法を用いたアトラクションです。

この船はムーミンパパが冒険をするときに使います。『勇気』『挑戦』『有情』『家族の絆』をテーマに、ムーミンたちと一緒に冒険に行くことができます。

船の中の壁や床など、全てに映像を投影して、臨場感あふれる体験を楽しめます。

エンマの劇場

ムーミンバレーパーク

引用:メッツァ公式HP

エンマの劇場は、ムーミン谷が洪水になったときに流れてきました。

ムーミンやその他のキャラクター達による、ライブエンターテイメントが開催されます。

おさびし山

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

おさびし山は冒険の山です。頂上には天文台が作られます。湖を横断するジップラインの出発点にもなっています。

ムーミンバレーパーク

引用:メッツァ公式HP

山の中にはヘムレンさんが作ったツリーハウスがあり、子供達が全身で自然を感じながら遊ぶことができます。

ジップライン

ムーミンバレーパーク

引用:メッツァ公式HP

おさびし山の頂上には『飛行おにのジップラインアドベンチャー』ができました。往復約400mもあり、森の中、湖の上を滑空することができます。

世界的にも人気のあるアクティビティが、ムーミンバレーパークでも楽しめます。

ムイックフォト(写真スタジオ)

ムーミンバレーパーク

引用:メッツァ公式HP

この写真館では、プロカメラマンに撮影してもらうことができます。キャラクターと一緒に記念の1枚をお持ち帰りください。

水浴び小屋、灯台などのフォトスポット

パーク内では、忠実にムーミンの世界が再現されています。水浴び小屋、灯台など、原作を知っている方にとっては、まるでムーミンがその場にいるように感じるでしょう。

思い出を残すための撮影スポットが随所にあります。

▲▲   駅探バリュー   ▲▲

90万件以上の割引特典が使い放題

▼▼   デイリーPlus   ▼▼

更新日:

Copyright© いるま情報館 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.