イルマン
こんにちわ! 【せいぶたま】を運営しているイルマンです(^^♪

ムーミンバレーパーク メッツァのランチ

メッツァヴィレッジには何がある?カフェ・レストラン・ショップ・イベントについて解説!

更新日:

湖

http://iruma-output.com

 

今回はメッツァヴィレッジについて解説します!

 

メッツァヴィレッジはメッツァ内にある、無料の商業施設エリアの事を指します。

 

イルマン
え?メッツァ?メッツァヴィレッジと違うの?

 

もっと根本的なところから知りたい方は、コチラをご覧ください▼

関連記事ムーミンバレーパークとメッツァヴィレッジとはどんなところ?

 

それでは、メッツァヴィレッジについて紹介していきます!

メッツァヴィレッジとは?

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

メッツァヴィレッジとは、埼玉県飯能市の宮沢湖に建設中の北欧をテーマにした商業施設です。

北欧のライフスタイルを体験できるエリアとして、2018年11月9日にオープンが決定しています!

入場は無料で、商業施設と公園を掛け合わせたような空間になります。

 

場所とアクセスはコチラをご覧ください▼

関連記事ムーミンバレーパークはどこにできるの?場所とアクセスを解説!

 

駐車場が事前予約制なので注意してください▼

関連記事ムーミンバレーパーク&メッツァヴィレッジ|駐車場の予約方法

 

マーケット・食品(マーケットホール)

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

マーケットには地元の新鮮な野菜、工芸品、北欧のテナントが入る予定です。

1階はカフェや食品を販売するフロア、2階は北欧ブランドを複数入れて北欧を旅しているような雰囲気を味わえます。

関連記事メッツァヴィレッジの店舗決定!トレ、ショコラフィンランド、ビオキア

 

レストラン・カフェ(バイキングホール)

約10店舗の飲食店が入ります。北欧の海賊『バイキング』から名前をとり、活気あふれるレストラン街になります。

北欧の食に舌鼓をうてるレストランは楽しみですね(^^♪

湖側にはテラスを作り、テイクアウトした料理を外で楽しむこともできます。

見渡す限りの大自然の中で、開放的な時間を過ごすせれば、普段の疲れも癒されることでしょう!

ショップ・店舗

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

ピーアパートメント

『ピー』はフィンランド語で『小さい』という意味。北欧のブランドが軒を連ねる予定です。

小さい建物には、こだわりの品が詰まっています。まだ店舗は分かりませんが、買い手を満足させる一級品に出会えるでしょう。

イベント・催事(メッツァホール)

期間ごとのイベント、催事、店舗などが予定されています。

ホールを貸し切ることもできるので、地域のイベントにも大活躍!

ボート・桟橋(ライトゥリ)

メッツァ

引用:メッツァ公式HP

『ライトゥリ』はフィンランド語で『桟橋』という意味です。

カヌーやボートを楽しむことができます。

『ソグベルク』というエリアでは、カヌーを自作することもできます。

大自然に囲まれながら、自分で作ったカーヌーに乗っての湖面散策は、さぞかし気持ちの良いことでしょう(^^♪

まとめ

以上、メッツァヴィレッジについての解説でした!

まだ、テナントが3つしか発表されていないので、詳細をお伝え出来ないのが残念です。

地元の力で、情報をゲットできしだい発信していきます!

 

私が感じるメッツァヴィレッジの特徴は以下の通りです。

 

メッツァヴィレッジの特徴

アウトレットなどの商業施設とは違い、アスレチックなどのテーマパークとも違う。

どこかアートな雰囲気、それでいて大自然の一部であることも感じられる。

人として、生き物として、原点を見つめなおすことのできるエリア。

 

まさに、北欧の魅力を全身で感じられそうな施設です。

2018年11月9日のオープンが待ち遠しいですね(^^♪

-ムーミンバレーパーク, メッツァのランチ
-

Copyright© せいぶたま|埼玉県西武、東京都西多摩を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.