イルマン
こんにちわ! 【せいぶたま】を運営しているイルマンです(^^♪

ムーミンバレーパーク メッツァのアクセス

電車でメッツァに行くなら西武池袋線の特急【レッドアロー】が快適

更新日:

西武池袋線

https://iruma-output.com

 

今回は、メッツァへの快適なアクセスについての紹介です!

 

メッツァは埼玉県の飯能市にあり、電車でのアクセスは西武池袋線の特急が快適です。

 

車でのアクセスはコチラ▼

 

特急列車は池袋-飯能を走っており、事前に予約することで席も確保することができます。都内からならプチ旅行気分を味わえますよ(^^♪

そこで、都内からメッツァに来る方のために、道中楽しく過ごせる特急の利用方法について解説していきます!

メッツァにはムーミンバレーパークとメッツァヴィレッジがある

ムーミンバレーパーク

引用:ムーミン公式サイト

まずは『メッツァ』ってなに?という方のために、簡単に概要を説明します。

小さな発見に満ちた北欧時間の流れる森と湖『メッツァ』

引用:フィンテックグローバル

自然を大切にする北欧の文化を伝える施設ですね。『メッツァ』は2つのエリアで構成されています。

 

メッツァ

  • メッツァヴィレッジ
  • ムーミンバレーパーク

 

メッツァビレッジはショッピングモールを主体としており、飲食施設もあります。メッツァ全体の駐車場運営もメッツァビレッジが管理しています。(2018年11月9日オープン)

ムーミンバレーパークはテーマパークを主体としており、物販、飲食、エンターテイメントを提供しています。(2019年3月16日オープン)

メッツァの場所・アクセス・最寄り駅

メッツァは、埼玉県飯能市の宮沢湖周辺エリアにあります。

都心からのアクセスはまずまずといったところで、池袋からなら1時間ちょっとで着きます。最寄り駅は『西武池袋線の飯能駅』で、そこからシャトルバスを利用します。

『JR八高線の東飯能駅』からもシャトルバスが出ますが、八高線の本数を考えると西武池袋線のほうが利用しやすいです。

 

シャトルバスについてはコチラで紹介しています▼

 

ですが、ラッシュ時の電車は混みますし、メッツァができれば土日も混雑が予想されます。1時間も立ってるのは嫌ですねよ・・・私ならイヤです。

その点、特急を使えば快適そのもの!私が西武池袋線を利用するときは、必ず特急に乗ります。

メッツァに行くには【レッドアロー号】と【S-TRAIN】を使いこなせば快適!

西武池袋線には3つの特急列車が走っています。

 

特急列車

  • レッドアロー号
  • S-TRAIN
  • 拝島ライナー

 

メッツァに行くには、レッドアロー号かS-TRAINを利用することになります。

【レッドアロー号】

西武池袋線

レッドアローは昔からある特急です。西武池袋沿線に住んでいる方は、利用したことがあるのではないでしょうか?

レッドアロー

引用:西武鉄道HP

『ちちぶ』『むさし』の2種類があり、『むさし』は横瀬と西武秩父には停車しません。

ですが、都内からメッツァに行くには『池袋』~『飯能』を利用できればよいので、どちらの特急に乗っても問題ありません。

列車設備

引用:西武鉄道HP

トイレ、洗面所、自動販売機が1号車と7号車に設置されています。といっても、飯能駅南口にはファミリーマートがありますし、池袋駅構内には売店があります。飲み物やお菓子は、そちらで購入したほうが種類を選べます。

西武池袋線

列車内の自動販売機です。

西武池袋線

こちらはトイレです。車椅子にも対応しています。

西武池袋線

手洗い場もあります。

駅構内図

引用:西武鉄道HP

池袋駅から特急に乗るときは、地上の改札から入りましょう。地下の改札もありますが、特急ホームまでけっこう距離があります。

もし、ベビーカーや車椅子なら地下から改札に入りましょう。そちらにはエレベーターがあります。

利用料金

料金表

引用:西武鉄道HP

『池袋』~『飯能』までの特急料金は500円です。通常の乗車料金が463円なので、特急を利用すると片道964円となります。

急行で50分、特急で40分くらいなので、時間の短縮はあまりないです。しかし、座席が確保されている点、皆で楽しく過ごす点から利用をオススメします。

西武池袋線

座席も回せるので、プチ旅行気分が味わえます(^^♪

 

イルマン
仕事で都内から帰るときは、特急でビールがたまらない!

 

チケットの取り方

西武池袋線

チケットの取り方は3種類あります。

 

特急券の取り方

  • チケットレスサービス「Smooz」
  • インターネット予約サービス
  • 特急券/指定券発売窓口のご案内

 

1番ラクなのはチケットレスサービス「Smooz」です。以前は座席指定もできないくらい使いにくかったのですが、今は見違えるほど便利になりました(^^♪

残りの2つは『発券』というひと手間が必要ですが、「Smooz」だけは不要なのです。完全にスマホの中だけで完結できます。

逆に言うと、対人じゃないと心配という方は『発券』がおすすめです。券売機での発券にはなりますが、駅には駅員がいるので困ったときはすぐに相談できます。

「Smooz」の利用方法

利用方法はとても簡単です。スマホ、メアド、クレジットカードがあればすぐに利用できます。

  1. 会員登録
  2. 積立ポイントの購入
  3. 列車選択
  4. 乗車

以上です。本当はダメでしょうが、ログイン情報さえわかれば、家族でも勝手に利用できます(^^;)

やるときは自己責任で

チケットレスサービス「Smooz」

 

ちょっとわかりにくい点としては、クレジット積み立てといって1,000円単位でお金を入金する点です。『池袋』~『飯能』までの特急料金は500円なので、往復利用すればちょうど1,000円になります。

しかし、他の区間を利用するときに余った端数は『Smooz』内に残ってしまいます。交通系カードのチャージと同じと考えて頂ければOKです。

 

イルマン
1度購入しても、2回までは無料で変更することができます。

 

スマホを使って『Smooz』で特急券を購入したら、あとはいつも通りにスイカやパスモで改札を通ります。そして、特急列車に乗るところで駅員にスマホ画面を見せればOKです。(たまにいない時もありますが・・・(^^;))

下りる時も同じで、駅員にスマホ画面を見せて、そのあとは普通に改札を出ます。(コチラもほとんどチェックされませんが・・・(^^;))

ネットで何か会員登録したことのある方なら問題なく利用できると思いますが、わからない方のためにも西武鉄道のHPでは詳しい解説があります。

チケットレスサービス「Smooz」

 

【S-TRAIN】

S-TRAINはわりと最近できた特急です。なので、キレイ!そして設備が充実してます(^^♪

乗車表

引用:西武鉄道HP

土曜日と休日だけの運行となります。さらに、『元町・中華街』⇒『飯能』へは7:01、16:55の2本だけです。反対に『飯能』⇒『元町・中華街』は9:18、17:50の2本だけです。

乗車専用の駅、降車専用の駅もあるのでちょっと複雑ですね。横浜方面から飯能にくるには1時間50分くらいかかりますが、S-TRAINを利用すれば1時間40分ほどで到着します。

しかし、1番のメリットは席が確保できる点です。

座席

引用:西武鉄道HP

飯能に到着したら、思いっきりメッツァを楽しみたいですよね。それなのに2時間も立ったままでは、到着するころには疲れてしまいます。

電源コンセント、Wi-Fi、車いすトイレ、オムツ替えシートも備わっており、長距離に合わせた仕様となっています。

レッドアロー同様に座席を反転できますので、友達、家族で向かい合わせにして旅行気分を楽しむことが可能です(^^♪

利用料金

乗車料金

引用:西武鉄道HP

『元町・中華街』~『飯能』までの特急料金は860円です。通常の乗車料金が1,100円くらいなので、特急を利用すると片道だいたい2,000円となります。

 

チケットの取り方はレッドアロー号と同じです

 

特急券の取り方

  • チケットレスサービス「Smooz」
  • インターネット予約サービス
  • 特急券/指定券発売窓口のご案内

 

チケットレスサービス「Smooz」の利用がラクちんです(^^♪

まとめ

以上、電車でメッツァに行くなら西武池袋線の特急【レッドアロー】が快適についての紹介でした!

快適なトレインライフでメッツァビレッジとムーミンバレーパークを楽しみましょう(^^♪

 

-ムーミンバレーパーク, メッツァのアクセス
-

Copyright© せいぶたま|埼玉県西武、東京都西多摩を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.