レジャー 屋外の遊び場

羽村市の多摩川養殖つり堀場|釣った数だけの支払いで済む安いマス釣り

更新日:

釣りをする少年

http://iruma-output.com

ゴールデンウイークも近くなり、子供をどこに連れて行こうか困っていました(^^;)安近短で楽しめることはないかな?と悩んでいたところ、穴場の釣り堀があることがわかりました!

今回行ってみたのは東京都羽村市にある『多摩川養殖釣り掘場』です。超がつくほど穴場ですが、とても安く釣りを楽しむことができましたので紹介していきます。

安くマス釣りを楽しみたい!

入間市付近で有名なマス釣りといえば、秋川国際マス釣場です。

fishing

引用:秋川国際マス釣場HP

しかし、けっこう高いですね。大人2人分で6,600円もします。竿とエサを合わせるともっとかかるようです。駐車場代もきっちりとられますね(^^;)

しかも、2人分で20尾も釣ったところで、食べきれるわけもありません。そして、やたらとルールが多いですね。私のやりたい釣りは、こういうのではないんです。

 

イルマン
安く、自由に、好きなだけ釣りたい

 

そこで、見つけたのが『多摩川養殖つり堀場』でした。

多摩川養殖つり堀場の営業時間

超がつくほど、穴場の釣り堀だと思います(^^;)まず、ホームページがありません。ブログの体験談がいくつかある程度です。そこで、人柱もかねて行ってみることにしました。

まずは電話で営業確認してみます。

 

イルマン
もしもし?

『・・・』

イルマン
あれ?名乗らないぞ?
イルマン
あ、あのー、そちらは多摩川養殖、、

 

ブチ

 

イルマン
切れたーーー!

、、、諦めないぞ(^^;)

 

イルマン
もしもし?
イルマン
そちらは『多摩川養殖つり堀場』ですか?

『そうですよ』

イルマン
営業時間は何時までですか?

『16:30までです』

イルマン
わかりました。ありが、、、

 

ブチ

 

、、、ご存知でしょうか?穴場ってのはこういうもんです(^^;)一応、ネットに転がっている情報を集めるとこんな感じでした。

 

住所:東京都羽村市羽西2-3-6

電話番号:042-554-5333

駐車場:7台

営業時間:8~17時

 

でも、事前に営業確認したほうがいです。終了は16:30って言われましたので。

アクセス・利用料金

地図ではこんな感じです。青梅線の小作駅から徒歩で20分くらいかかるでしょう。

高速道路を使うなら、圏央道の青梅インター日の出インターでおりましょう。帰りは道を間違えて日の出インターを使いました(^^;)下道を15分も走れば高速にのれますね。アクセスは良いです。

fishing

こちらは、多摩川養殖つり堀場の上空からの写真です。通りから、ちょっと奥に入り組んだところにあるんですが、、

1つ目の矢印はなんとか気が付きました。それでも、信号とかはなくて見落としそうになりますけど。問題は2つ目の矢印です。

 

イルマン
車で絶対に進入したくない!

 

と、思った方向が正解。勇気を出してそちらに進んでください(^^;)

fishing

超急な下り坂を降りた先に釣り場はあります。セレナで降りることができたので、大体の車は何とかなるとおもいますよ(^^)ですが、すれ違いは100%不可能なので注意してください。

fishing

ネット情報では駐車場7台となってましたが、そんなに駐車できるかは微妙なところです。

fishing

料金は格安ですね。秋川国際マス釣場とは比較にならないです。とりあえず、2人分の竿代として200円を払いました。エサは無料で、何回もらっても何も言われませんでした。

fishing

釣り場は1箇所だけです。これは帰り際に撮影したのですが、15時に到着したときはけっこうな人で賑わっていました。釣り場はひょうたんのような形をしており、中央には橋がかけられています。

fishing

竿は手作り感が満々で、長さはまちまちです。長いのと短いのを借りましたが、子供が使うなら絶対に短いほうがいいです。バケツを借りてさっそく釣りを開始!

fishing

長男(5歳)にエサのつけ方を教えてみる。

fishing

次男(2歳)は手とり足とり。落ちないようにすごく気を使いました(^^;)始めること15分、、、

マスはたくさん泳いでいますし、針を垂らせばエサに寄ってきます。そして、口にも含むのですが、、

 

イルマン
釣れない・・・

 

ここのマスは生存競争を勝ち抜いたエリートなんじゃないか?というくらい釣れません。

普通、こういった釣り堀は針を垂らした瞬間に釣れて、すぐに予定釣果に達して『もっと釣りたかった~』なんて終わるもんじゃないですか。

しかし、ここのつり堀場はそうはいかないんです。いくら合わせても針が食い込むことはなく、するりとバレてしまいます。なかなか修羅場をくぐった魚たちです(^^;)

 

しかし、生物の頂点に立つホモサピエンスを舐めてはいけません。トライ&エラーを繰り返すうちに、コツを掴んできました。どうやら『合わせ』はいらないようです。

マスがエサを口に含んでも、しばらくは放置します。泳がせながら、だんだんと糸を張って針にテンションをかけていく。気が付くと、なんとなく引っかかり始める手応えがありますが、、

 

そこで、焦って『合わせ』てはいけません。

 

ゆっくりと竿を立てて、なんとなく針を食い込ませるのがコツでした。

fishing

このコツをつかむのに、30分ほど時間を要してしまいました(^^;)息子たちは若干飽きてしまったし、この釣り方をマスターさせるのはちょっと難しかったです。

なので、針がくい込むまでを私が担当して、釣り上げを息子たちにやってもらいました。最終的に、1時間ほどで6尾釣ることができました。予定釣果は8尾だったので、未達成でした(^^;)

釣った魚は全て買取りとなります。250円/尾なので1,500円払いました。

 

イルマン
竿代を含めても1,700円!

 

秋川国際マス釣場の3,300円/人の半分で済むし、10尾も持ち帰る必要もありません。好きな時に、好きなだけ釣ることができて安いのはとても魅力的です。

fishing

手洗い場は2箇所ありました。水圧は弱いですが、ちゃんと石鹸もありました。

fishing

釣った魚は受付に持っていけば、オッチャンが内蔵をとって塩を振ってビニール袋に詰めてくれます。

fishing

家に持ち帰り、こんがり焼いたら完成です。息子たちは驚くほどの食べっぷりでした(^^♪自分で釣った魚は美味いのでしょう。

まとめ

以上、【多摩川養殖つり堀場】ブログがないから子供と一緒に徹底レポート!についての紹介でした。

道が急坂で狭いので車でのアクセスは難ありですが、コスパは最高の釣り堀でした。有名どころの釣り堀では3,000円/人程度かかるのに対し、多摩川養殖つり堀場は竿代100円(エサ含む)+250円/尾で済みます。

そして、穴場だからといってこちらで準備するものは何もありません。手ぶらで釣りが楽しめます。子供を連れていくのに、オススメの釣り堀と言えるでしょう(^^♪

 

-レジャー, 屋外の遊び場
-

Copyright© せいぶたま|埼玉県西武、東京都西多摩を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.