旅行体験記 軽井沢おもちゃ王国

ホテルグリーンプラザ軽井沢の感想|おもちゃがある宿泊プランがおすすめ

更新日:

軽井沢グリーンプラザホテルの外観

https://iruma-output.com

軽井沢おもちゃ王国で遊んだあとは、隣のホテルグリーンプラザに宿泊する方が多いでしょう。

 

イルマン
お子さん連れの客層を狙っているだけあって、プランや設備は充実していました!

 

今回は、ホテルグリーンプラザ軽井沢の旅行記を紹介していきます(^^♪

 

 

ホテルグリーンプラザ軽井沢の基本情報

Hotel

このホテルはおもちゃ王国と隣接しており(徒歩10分ほどの距離、車移動もOK)、おもちゃ王国で遊んだ方には便利です。

ゴルフ場が隣接されているので、少数ですが泊りがけのゴルファーもいました。観光に力を入れているのか、アジア系の団体もいました。

 

ホテルグリーンプラザ軽井沢
群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
TEL:0279-86-4111

traffic-guide

引用:ホテルグリーンプラザ軽井沢HP

宿泊料金は1人あたり1泊15,000円前後となり、2歳以下は無料でした。おもちゃ王国を14:30に切り上げたのでホテルに向かいましたが、入室は15:00まで待って欲しいとのこと。

チェックインは先に済ませることができ、先に夕食会場を以下の3つから選びます。

 

  • プレジール(洋食多め)
  • 浅間(和食多め)
  • セラヴィ(子供用食器なし)

 

子連れならプレジールか浅間を選びましょう。時間は19時を希望したのですが、団体客の兼ね合いで18時となりました。朝食会場はどちらでもよく、時間も6:45~9:00に行けばよいとのこと。

ホテルはメイン館、コネクション館、リゾート館に分かれており、それぞれは距離があります。そしてメイン館の入口は、階段を登らないと入れません。

map

引用:ホテルグリーンプラザ軽井沢HP

リゾート館の近くに車を停めて、エレベーターで2階に上がり、メイン館のフロントにアクセスするのが効率的でラクちんです(^^♪

 

 

雨の日におすすめのプランと館内設備

客室の紹介|おもちゃがあるプランが楽しい

ホテルグリーンプラザ軽井沢の子連れプランはいくつかありますが、今回は部屋におもちゃがあるプランにしました。

toy

部屋に入った瞬間、歓喜の声をあげる息子たち(^^;)20種類くらいのおもちゃが用意されており、息子たちは大喜びでした(^^♪

bed

部屋はメゾネットタイプで、2階にはベッドが2つありました。1階に親子で寝て2階でじじばばが寝るなど、3世代旅行にも使える部屋です。

fence

階段にはちゃんと柵が設置されており、小さなお子さんが通れないように工夫してありました。

unit-bus

温泉もありますが、室内にはユニットバスもありました。

Garbage-can

乳幼児をターゲットにしているだけあって、おむつ用のゴミ箱が完備されています。

seal

部屋には海賊のシールが貼られており、ウェルカムな雰囲気です(^^♪

refrigerator

冷蔵庫は空のものが設置されており、持ち込みOKです。DVDプレイヤーがあるので、フロントでDVDを借りることもできます。また、貴重品保管用の金庫も設置されていました。

ticket

チェックインを済ませると、ホテルで利用できるチケット各種を渡されました。

 

  • 宝探しのヒント
  • 2,000円分の館内利用券
  • 10%割引券
  • 支配人への意見書
  • 夕食券
  • 朝食券
  • 館内地図
  • 宿泊案内

 

今回のプランには2,000円分の館内利用券がついていたので、お土産に利用させていただきまいした。また、何回でも利用可能な10%割引券も入っており、館内利用券との併用も可能でした。

館内設備の紹介

部屋でひと段落すると妻と息子たちは昼寝してしまったので、皆が寝ている間に館内を見てまわる事にしました(^^♪

map

引用:ホテルグリーンプラザ軽井沢HP

昨年はコネクション館に宿泊しましたが、大浴場があるリゾート館まで非常に遠かったです。しかも、大浴場にはタオルが設置されておらず、部屋からタオルを持っていくのを忘れるという失態(^^;)

コネクション館から大浴場までですが、成人男性の早歩きでも約3分かかります。さらに、途中には階段があったり、メイン館とコネクション館の連絡通路には上り・下り坂があったりします。

乳幼児を連れて、入浴セットを持ち、コネクション館から大浴場に行くのはけっこう大変です。食事の会場プレジール、マッサージを受けるリラクゼーションルームもリゾート館にあります。

 

イルマン
いったい何往復すればいいんだ?というくらい、往復した記憶があります。

 

その教訓を活かし、今回の部屋はメイン館にしました(^^♪

 

yukata

各階の廊下には浴衣が置いてあるので、自分で好きなサイズの浴衣を持っていって大丈夫です。

大人、子供ともに4サイズがありました。1番小さいサイズは90cmですが、身長80cmの次男にはブカブカででした(^^;)

Poster

メイン館の2階には授乳室があります。電子レンジ、おしりふき、おむつ替えベッドなどもあるので安心ですね(^^♪

amusement

メイン館1階にはゲームセンターがありました。

Poster

ペットもターゲットにしており、犬用の設備もあるようです。

Children's-Room

メイン館2階にはキッズプレイルームがあり、期間限定価格で500円でした。しかも子供ごとの価格ではなく、宿泊1組ごとの価格なのでかなりお得です。さらに、滞在期間中利用できるとのことで、すぐに購入しました(^^♪

フロントで支払いを済ませると首から下げる名札のようなものを渡されます。購入時には子供の数だけコインを渡され、キッズプレイルーム内のガチャガチャに利用できました。

Children's-Room

木のおもちゃ、滑り台、車、ビーズクッション、絵本、トイレ、床暖房が完備されており、かなり充実した設備です。

detergent

コネクション館の1階には、ランドリーコーナーが設置されています。洗濯機と乾燥機がそれぞれ2台あり、洗剤を含めすべて無料で使うことができます。

ホワイトボードがあるので、そこに利用時間と部屋番号を記載するようです。見に行ったときは、1台稼働していました。

library

コネクション館には、くつろぎスペースとライブラリーもありました。

Foot-bath

リゾート館の前には足湯コーナーもあります。

vending machine

館内には自動販売機もありますが、持ち込みOKなので買ってきた方がお得ですね(^^♪

宝探し・スタンプラリー

部屋には宝箱が設置されており、館内のヒントを集めて暗証番号を解くゲームができます。

Treasure-Chest

夕食までの時間つぶしには最適ですね(^^♪。

館内ではスタンプラリーもやっており、ホテルスタッフが押してくれます。スタンプが設置してあるわけではなくスタッフが押してくれるのですが、ちゃんとお願いしないと押してくれません。そして、ありがとうを言わないと用紙を返してくれません(^^;)

少し厳しいかもしれませんが、いい仕組みだと思いました。最初は恥ずかしがっていた長男ですが、一度やってしまえば度胸がつくようで、その後はホテルスタッフに自分で言うことができるようになりました。

夕食(バイキング)

夕食は大きなホールでのバイキングとなります。子連れが多いので、あまり周りを気にしないで済む点は気が楽でした。ただ、ゴルファーもいるので、注意は必要です。子供椅子は豊富に準備されており、足りなくなることはなさそうです。

dinner

夕食ではキッズコーナーが設置されており、子供でも好きな料理を自分で取れるようになっていました。離乳食も準備されています。

飲み物のは別オーダーで、ソフトドリンクバーが200円くらいでした。

温泉・リフレクソロジー

次男は今回が温泉デビューです。風呂場にはベビーバスとベビーチェアが用意されており、乳幼児がいてもあまり気にせず温泉に入れます。

妻は子供たちが寝静まった21時~、リフレクソロジーへ。とても上手にマッサージしてくれる女の人だったとのことです(^^♪

朝食(バイキング)

朝食もバイキング形式です。プレジール(洋食多め)と浅間(和食多め)のどちらでもOKですが、夕食同様プレジールにしました。

breakfast

浅間は畳もある為、ベビーカーでの入店ができない部屋があるとのこと。プレジールにも和食は準備されており、和食が食べたい方でも問題はありません。

Children's-Room

食後はキッズプレイルームで遊ばせました。500円で宿泊期間中利用可能なのは本当にお得ですね(^^♪

まとめ

以上、ホテルグリーンプラザ軽井沢の感想|おもちゃがある宿泊プランがおすすめについての紹介でした!

今回は2回目の宿泊だったので、館内設備は大体把握していました。リゾート館が遠いところだけはネックですが、それ以外は大満足のホテルです。

どこを見ても乳幼児がいるので、食事や温泉での気疲れは大幅に軽減されます。ホテル側の乳幼児に対する対応も手馴れているので、おもちゃ王国とセットで年に1回は訪れたいホテルでした(^^♪

 

 

-旅行体験記, 軽井沢おもちゃ王国

Copyright© いるま情報館|埼玉県入間市を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.