イルマン
こんにちわ! 【せいぶたま】を運営しているイルマンです(^^♪

旅行体験記 鴨川シーワールド

鴨川シーワールド|スタンプラリーを待ち時間なく押していく方法

更新日:

鴨川シーワールド

https://iruma-output.com

鴨川シーワールドにはスタンプラリーが設置されており、土日祝日には入り口でスタンプ用の台紙が販売されています。

うちの息子たちはスタンプが大好きで毎回やっているのですが、普通に押しているとスタンプ待ちの列に巻き込まれることも・・・。せっかく来たシーワールドですから、効率的に回ってシャチやイルカのショーも見たいですよね。

 

今回は、鴨川シーワールドのスタンプラリーを待ち時間なく押していく方法の紹介です!

 

スタンプラリーを楽しみつつ、時間を無駄にしないで、鴨川シーワールドを楽しみ尽くしてください!

 

 

鴨川シーワールドのスタンプラリーとは?

鴨川シーワルド

鴨川シーワールドにはスタンプラリーが設置されており、専用の冊子を300円で購入して園内の各所に設置されたスタンプを集めることができます。

鴨川シーワールドエコアクアローム入り口

土日祝日は、入園後すぐのところで冊子を販売しています。平日はここで販売されていないこともあるので、園内中央のバザールコート『ラオイ』で購入することになります。

鴨川シーワルド

スタンプラリーを全てまわったあとは、園内中央のバザールコート『ラオイ』に行きましょう。レジに冊子を渡すと、シャチのマグネットを貰えます。かれこれ10回以上はやっており、我が家はマグネットだらけです(^_^;)

スタンプラリーを待ち時間なく効率的に攻略する方法

鴨川シーワルド

スタンプは全部で12箇所あります。入り口付近に1番目のスタンプがあり、順番に押していくと奥に進むようになっています。

しかし、混雑日にもなると、1番目・2番目はみんなが集中するので列ができてしまいます。せっかくならスタンプラリーばかりに時間を使わず、ショーや動物との触れ合いも楽しみたいですよね。

 

そこでオススメするのが、3番目(タカアシガニ)のスタンプから押していくという裏技です。

 

鴨川シーワルド

混んでいる1番目、2番目のスタンプを飛び越すことで、それ以降のスタンプを効率的に押すことができます。

 

ただし、これには1つ条件があります。オープン後15分以内にスタンプラリーを開始しましょう!

 

平日や雨の日などの空いている日は列も出来ないので気にする必要はないのですが、混雑日の土日祝ですと人が増えていくスピードが速いです。

実は、スタートダッシュは他の面でもお得です。園の奥に進めば進むほど空いており、周りのお客さんに気兼ねすることなく見学ができます。

鴨川シーワルド

特にお得なのが、自分の描いた魚を泳がせることのできるエリアを順番待ちなく利用できる点です。これは、トロピカルアイランドの地下にあります。

 

いつも混んでおり、順番待ちをして1回しかできないのですが、スタートダッシュをすれば人がいないうちに何回でもできます。

 

スタンプラリーしつつ、5回は魚を泳がせました(^^♪

鴨川シーワルド

引き続き、全く待たずにスタンプを押していきます。

鴨川シーワルド

鴨川シーワルド

鴨川シーワルド

鴨川シーワルド

鴨川シーワルド

鴨川シーワルド

11は写真を撮り損ねました(^^;)

鴨川シーワルド

最後の12番目まで、ストレスなく押せました(^^♪

鴨川シーワルド

1番目、2番目はショーなどを見終わって時間がある時に押します。

 

ショーの予定を立てる方はコチラ▼

 

スタンプラリーは無料でも楽しめる!

鴨川シーワルド

スタンプを押すのはタダなので、メモ帳でも構いません。幼児さんはスタンプさえ押せれば満足です(^^♪

我が家はスタンプラリーをやり過ぎていることもあり、シーワールドで買ったメモ帳に押したりしています。それでも次男(2歳)はご満悦です。長男(5歳)は冊子がないとマグネットを貰えないことがわかっており、購入していますが(^^;)

まとめ

以上、鴨川シーワールド|スタンプラリーを待ち時間なく押していく方法についての紹介でした!

水族館なので魚を見るのは楽しいのですが、体験型のイベントをやると子供達は色々と印象に残るようです。長男はスタンプの設置場所と、スタンプの絵を全て把握しており驚きました。

鴨川シーワールドでは、ディスカバリーガイダンスという海の動物たちとのふれあい体験も実施されています。売り切れ前に申し込みが必要ですが、心に残ることは間違いありません!

 

ディスカバリーガイダンスの紹介はコチラ▼

-旅行体験記, 鴨川シーワールド

Copyright© せいぶたま|埼玉県西武、東京都西多摩を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.