レジャー 温泉・銭湯・マッサージ

青梅市の河辺温泉|梅の湯の混雑状況&梅寿庵の食事の感想

更新日:

青梅市河辺温泉梅の湯の看板1

https://iruma-output.com

 

今回は、青梅市にある河辺温泉『梅の湯』に行ってきました!

 

なんとビルの6階にある温泉とのことで、景色が楽しみですね(^^♪

青梅市の河辺温泉ってどんなところ?

東京都青梅市、JR河辺駅の目と鼻の先にある大きな河辺タウンビルB。河辺温泉『梅の湯』は、そのビルの5階と6階にあります。

青梅市東急と温泉を繋ぐ連絡通路から見た河辺駅

駅からのアクセスが良く、奥多摩や御岳山からの観光帰りにも寄りやすい温泉となります。

料金は?

青梅市河辺温泉梅の湯の料金

基本料金 ナイト料金
午後9時より
特定日料金
年末・年始/GW/
お盆各5~6日間
特定日超過料金
1時間毎
大人 一般 860円 560円 970円 220円
大人 会員 750円 450円 860円 110円
子供 430円 215円 540円 110円

・タオル 70円/1枚
・バスタオル 170円/1枚
・館内着(大人のみ) 250円/1着
・手ぶらセット(タオル、バスタオル、館内着)400円

今回は、大人1人860円、タオル70円で930円かかりました。

梅の湯の感想と混雑状況

梅の湯の感想

梅の湯の受付は5階、温泉は6階にあります。エレベーターと階段の両方があるので、足の悪い方でも安心です。

冒頭でも紹介した通り景色が良いので期待していたのですが、露天風呂からは見ることができませんでした。河辺駅から露天風呂が見えるので、目隠しが高く設置されていたためです。

残念でしたが上は開けており、晴れた青空を見ながらの露天風呂は贅沢な気分を味わえます(^^♪

青梅市河辺温泉梅の湯の写真

引用:梅の湯

スペースとしては小さいですが、コンパクトな温泉が数多く設置されていました。露天風呂だけでもひのき湯、井桁湯、岩風呂、寝ころび湯の4つがありました。

室内にはサウナが2つ用意されていましたが、アロマビューティーサウナは全然温まりません。ニッキの香りを楽しむ程度に考えておいた方がいいですね(^^;)

ドライサウナは座る場所が段々に設置されており、テレビを見ることができます。

脱衣所に用意されていたアメニティは、以下の通りです。

 

  • 頭用トニック
  • 髪用リキッド
  • 顔用ローション
  • ティッシュ
  • ドライヤー

 

別売では、以下のモノがありました。

 

  • シャワーキャップ:30円
  • 髭剃り:100円
  • 綿棒5本:20円
  • 歯ブラシ:100円
  • タオル:100円
  • ヘアゴム2個:100円
  • 洗顔・クレンジング:50円
  • クシ:130円

 

ただし、髭剃り以外は5階の受付での販売となるので、温泉に入る前に購入する必要があります。髭剃りだけは、脱衣所に販売機が設置されていました。

梅の湯の混雑状況

今回は、土曜日の12時頃に温泉に入りました。温泉の洗い場は全部で30個くらいありましたが、使用されていたのは2割程度です。

内湯、露天ともに混雑している様子はなく、快適に利用できました。

 

安いけど混雑する銭湯はコチラ▼

管理人の体験レポート入間市【いるまの湯】コストコからのアクセス良し!コスパも良い銭湯!

 

全体の評価

それでは、館内全体のレビューをしていきます!

館内の雰囲気と設備、座席数

館内は全体的に暖色系の灯りで統一されており、所々に瓦屋根の飾りが付けられています。畳の部屋もあるので、落ち着いた雰囲気となっていました。

青梅市河辺温泉梅の湯の靴箱

入館すると、まずは靴をロッカーに入れます。返却式ですが、100円玉が必要です。

青梅市河辺温泉梅の湯のオムツ入浴案内

オムツやトレーニングパンツを履いている人は入浴できません。

青梅市河辺温泉梅の湯のマッサージメニュー

館内にはマッサージメニューが用意されています。

温泉梅の湯の梅寿庵の韓国式アカスリメニュー

韓国式アカスリもありました。

温泉梅の湯の梅寿庵のごろ寝スペース

コチラはごろ寝用のスペースです。女性専用エリアも用意されていたので、気になる方はそちらを利用すると良いですね(^^♪

他にも30席ほどの休憩スペースがあり、そちらには自動販売機や新聞が用意されていました。

青梅市河辺温泉梅の湯のマッサージ機

『あんま王Ⅱ』というマッサージ機を発見しました。無重力という言葉に惹かれて利用してみることに・・・

青梅市河辺温泉梅の湯のマッサージ機1

無重力ボタンを押してみると・・・

 

イルマン
これは良いですね!

 

マッサージ機が仰向けになり、手から足先までエアーやローラーを使ったマッサージが受けられました。10分間で200円です。

他にも足だけ、寝ながらのマッサージなど、マッサージ機がいくつも用意されていました。

梅寿庵の食事の感想|注文から提供までの時間

青梅市河辺温泉梅の湯の梅寿庵のメニュー

今回は土曜の11:30ごろに訪問したので、先に食事をすることに。館内には『梅寿庵』という食事処があります。麺類、丼物、御膳など、一通りのラインナップが用意されています。

青梅市河辺温泉梅の湯の梅寿庵の店内風景

100席くらいはありそうな、広い食事処です。土曜の昼時でしたが4割くらいしか埋まっておらず、落ち着いて食事ができました。

禁煙席と喫煙席に分かれていますが、完全分煙という構造ではありません。しかし、タバコの臭いが気になることはありませんでした。

カウンター席もありますが、窓際の席のほうが景色が良いのでオススメです。

青梅市河辺温泉梅の湯の梅寿庵の天ぷらそば

今回は、天ざる蕎麦セット(1,180円)にしました。提供までには10分もかかっておらず、かなり早かったです。

お蕎麦はしっかりと氷でしめてあり、冷たくて美味しかったです。天ぷらはピーマン、レンコン、白身魚、イカ、エビ、カボチャと盛りだくさん!さっくり揚げられており、なかなかのクオリティでした(^^♪

青梅市河辺温泉梅の湯の梅寿庵の支払い案内

支払いに関しては、退館時に受付で清算となります。

子供連れに向いているか

子供禁止ではありませんが、1人しか見かけませんでした。館内も静かで落ち着いているので、騒いでしまう年代のお子さんは連れて行きにくいかもしれませんね。

料金の支払い方法|クレジットカード、電子マネーは使えるか?

支払いは現金のみとなります。駅近なので電子マネーくらい使えるかと思いましたが、対応していませんでした。

そして、支払い方法がチョット複雑です。

青梅市河辺温泉梅の湯のリストバンド

入館時に、鍵付きのリストバンドを渡されます。コチラは脱衣所のロッカーとしても使用する鍵です。

全てをコレで清算するのかと思いきや、最初の入館料は前払いです。そして、食事はリストバンドのナンバーを控えて後払い。

館内の自販機やマッサージなどは、現金が必要。全てをリストバンドで管理して、退館時にまとめて支払いができたほうが便利ですね。

 

リストバンドで支払うタイプの温泉▼

管理人の体験レポート花鳥風月|埼玉県日高市にある天然温泉の感想と口コミ・評価

 

改善してほしいと感じた点

それでは、改善してほしいと感じた点をまとめていきます。

 

  • 料金の支払い方法
  • クレジット・電子マネーが使えない
  • 露天風呂からの景色

 

はやり、支払い方法は改善してほしいです。特に、クレジットカードは利用できるようにしてもらいたいところです。今は、現金を持ち歩かない人も増えてきていますからね。

良かったところ

続いて、良かったところをまとめていきます。

 

  • 露天風呂からの青空
  • コンパクトならが多数の風呂

 

山々の景色を見ることはできませんでしたが、青く晴れた空は最高でした(^^♪

割引・クーポン情報

梅の湯には会員カードがあり、年会費220円で発行してもらえます。入浴料が毎回110円引きになるので、年に3回利用するなら会員になったほうがお得です。

アクセス・営業時間・駐車場

住所 東京都青梅市河辺町10丁目8番1号 河辺タウンビルB 5・6階
交通手段 JR青梅線:河辺駅北口”コンコース直結 1分”
駐車場 河辺TOKYU5~8階駐車場
電話番号 0428-20-1026
営業時間 10:00~23:30
定休日 第3水曜日
予算 ~1,000円(1人当たり)
支払い方法 現金のみ

青梅市東急の駐車場にある温泉の案内

車で来る方は河辺TOKYUの5~8階の駐車場を利用してください。駐車券を受付に提示すると、4時間分無料にしてくれます。

青梅市東急の5階にある温泉の連絡通路の案内

駐車場から5階に行くと、案内が掲示されています。

青梅市東急と温泉を繋ぐ連絡通路

河辺TOKYUと河辺タウンビルBを繋ぐ上空通路の先に、梅の湯があります。

まとめ

以上、青梅市の河辺温泉|梅の湯の混雑状況&梅寿庵の食事の感想でした!

現金しか使えないので支払いに気を付けなければいけませんが、混雑がひどい様子もなく快適に温泉を楽しむことができました(^^♪

 

車で30分の所に、飯能市の宮沢湖温泉もあります。隣はムーミンバレーパーク&メッツァヴィレッジなので、観光も楽しめます▼

管理人の体験レポート飯能市【宮沢湖温泉 喜楽里 別邸】ゆっくりと岩盤浴を楽しめる温泉

-レジャー, 温泉・銭湯・マッサージ
-

Copyright© せいぶたま|埼玉県西武、東京都西多摩を中心とした情報マガジン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.